女性用バイアグラの効果は、女性の不感症を改善するために使います。

バイアグラは通販がお得 TOP > 女性用のバイアグラとは?

女性用のバイアグラもある

バイアグラといえば男性向けとして売られているED治療薬ですが、女性用のバイアグラも最近では売られています。

つまり女性でも利用することができるバイアグラがあるのです。

ただし、同じバイアグラでも、女性用のバイアグラの場合は男性用と大幅に異なる特徴があります。

女性と男性では体の造りが根本的に違うので、当然といえば当然だといえます。

そのため基本的には男性用のバイアグラを飲んでも、女性の場合は効果がありません。

バイアグラを使ってみたいという女性の方は、女性用のバイアグラを選ぶようにしてください。

女性用のバイアグラを使って性行為を楽しめるようにしましょう。

また、女性用のバイアグラは病院へ行く必要もなく、通販サイトで購入することができるので非常に簡単に手に入れることができます。

女性用バイアグラの効果

女性用のバイアグラは、女性の体に対してどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

女性用バイアグラを使うと、実はアンチエイジングを得ることができるといわれています。

バイアグラが老化防止につながると医学論文が出されており、老化の原因となる酸化ストレスがバイアグラの効果によって下がるといわれているのです。

また、女性でも男性ホルモンが分泌されることで老化防止効果を期待することができます。

だから女性がバイアグラを使うことも非常におすすめです。

そして女性用バイアグラにも男性用と同じくシルデナフィルが含まれています。

つまり血管を拡張して血流を促せる状態にするわけですが、これは糖尿病などの病気の改善にも非常に効果があります。

そのため健康的な体を作ることもできるようになるでしょう。

さらに、女性の場合はバイアグラによって生理痛を緩和させる効果もあると報告されています。

生理痛に悩む人にもおすすめすることができます。

感度が良くなる

「女性用バイアグラ」と言っているのですから、男性用のバイアグラのような効果はもちろんあります。

男性用のバイアグラは血管の拡張作用があり、それによって勃起しやすくなりますが、一方で女性が女性用のバイアグラを飲む場合でも、同じく血管の拡張作用を期待することができます。

ただ女性の場合は全身の血流量が多くなって、女性器が血液の循環により敏感になります。

一応クリトリスにも男性の陰茎海綿体に当てはまるような構造と機能がありますが、女性の場合はその面積が狭いので男性みたいにみるみる勃起するといった効果は現れません。

ただ女性用バイアグラによって、感度がアップしやすくなります。

性行為というのは気持ちよくないとまったく楽しむことができませんよね。

もし不感症で悩んでいたり性欲が最近減退してきているという人は、女性用のバイアグラを使っていくべきだと思います。

敏感になるということはその分膣内が濡れやすい状態になりますので、普段の性行為で濡れないというタイプの人におすすめです。

濡れやすくなることで快楽を得やすい状態になり、性行為をいつもより楽しむことができるでしょう。

女性用バイアグラの副作用

女性用バイアグラにも副作用はもちろんあります。

初めて使う人は特に副作用についての理解もしておく必要があるでしょう。

まず女性用バイアグラから生じる副作用として有名なのは、頭痛や火照り、あるいはめまいや鼻づまりといった症状です。

これらは男性用のバイアグラと基本的には同じようなものです。

男性に比べると、女性用のバイアグラを利用して副作用を感じたことがあるという方は少ないので安心してください。

だからといって起こらないとはかぎりませんので、万が一副作用を強く感じた場合は、すぐに使用をやめて病院へ行くようにしましょう。

その際には、使用した女性用バイアグラを持ってから行くようにしましょう。

男性用バイアグラとの違い

男性用のバイアグラと、女性用のバイアグラではどのような違いがあるのでしょうか。

主成分自体はまったく同じシルデナフィルが多くの女性用バイアグラに使われていますが、女性用バイアグラの場合はフリバンセリンと呼ばれる成分を含むものもあります。

そのためその効き方は男性用のバイアグラとは異なる特徴があります。

たとえば普通のバイアグラは性器の血流を改善しそこから勃起を促すものになっていますが、フリバンセリンを含む女性用バイアグラは抗うつ剤と同じように脳の神経伝達物質に対して働きかけてくる薬になります。

また男性用として売られているバイアグラの場合は必要なときにのみ使うことになりますが、フリバンセリンは毎晩飲み続けることで初めて効果を得ることができます。

本来フリバンセリンについては抗うつ剤として開発されていたものですが、開発段階においてドーパミンの分泌作用があることを発見し、そこから女性用のバイアグラとしてフリバンセリンが女性の性的問題を解消する薬として開発されました。

フリバンセリンを摂り続けることによって満足を得られるような性行為の回数は増えるので、これが男性用のバイアグラとの大きな違いになります。

媚薬との違い

女性が性行為の際に使えるものといったら、女性用バイアグラよりも媚薬の方が有名かもしれませんね。

では媚薬は女性用バイアグラとどのような違いがあるのか?

まず媚薬というのは女性の性的興奮を促したり、感度をあげるための薬となります。

つまり媚薬を女性が使うことによって、性行為が劇的に楽しくなるわけです。

媚薬は催淫剤とも呼ばれていて、実は恋愛感情を起こすような惚れ薬についても媚薬に含まれます。

他にも刺激性物質や性ホルモン剤などの種類も媚薬に含まれるようです。

ただし媚薬と呼ばれるものには胡散臭い商品などもあるので、注意しなければなりません。

一方で女性用バイアグラはちゃんとした医薬品として開発され、売られているものになるので、使用するのであれば女性用バイアグラの方が安心できるでしょう。

バイアグラの主成分となるシルデナフィル自体に興奮作用はありませんが、女性用バイアグラに含まれているフリバンセリンは性的欲求の低下を回復させてくれます。

ただし通販サイトで女性用バイアグラを手に入れる場合媚薬というカテゴリに入っているところが多いので、女性用バイアグラを購入する場合は媚薬のカテゴリも一応チェックしておいてください。

体験談

なんとなく女性用バイアグラの存在が気になるという女性は多いと思いますが、いざ使おうとなると本当に大丈夫なのかな?と思ってしまうこともあるでしょう。

そんな時、実際に使用した方の感想が気になりませんか?

そこで、実際に女性用バイアグラを使用した人の声を一部ピックアップして掲載しています。

使った人の声を参考に、あなたも自分が女性用バイアグラを使ったときのことをイメージしてみてください。

30代

私は不感症なので、彼氏はいましたがずっとセックスを楽しむことができませんでした。

今までに私が不感症であることが原因で何度も喧嘩してしまっていたので、彼氏にはすごく申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そんな私も結婚し、旦那さんと子供を作りたいという欲求はあったのでなんとか不感症を治したいと思っていました。

そこでネットで色々と調べてみたら、女性用のバイアグラがあるということを知り、さっそく注文してみました。

本当にこんな錠剤で不感症が治るのかな?と半信半疑でしたが、いざ飲んでみると楽しくセックスができるようになりました。

セックスで快感を感じるようになってからは相手のことに対して今まで以上に深く愛情を注げるようになり、もっと早く女性用バイアグラの存在に気づくことができたら良かったのになぁ……と思っています。

おかげさまで今では楽しく小作りに励むことができています。

不感症で悩む女性は多いと思います。

私みたいに悩んでいる人がいたら女性用バイアグラをおすすめしたいです。

40代

今回初めて女性用バイアグラというものを買ってみました。

私はもう40歳を超えていますし、本当に女性用バイアグラが効くのかどうかかなり不安でした。

ただ最近は旦那とのセックスの回数も明らかに減ってきているので、セックスレスで関係が悪化するのは嫌だなと思い女性用バイアグラに手を出してみました。

そして実際に女性用バイアグラを飲んでみると、自分自身でも自覚するほどの効果を実感できたのを覚えています。

極端な例えかもしれませんが、まるで20代の頃に戻ったかのような気分になれました。

40代に突入してここまでセックスを純粋に楽しめたのは初めてかもしれません。

女性用バイアグラを買ってからはセックスの回数が使う前と比べて倍以上になり、今ではセックスレスなんて考えられないくらいです。(笑)

セックスの楽しさを忘れてしまうところでしたが、旦那にも求められるようになり、昔のように戻れた気がします。

女性用バイアグラの種類

実は女性用のバイアグラといっても、現在ではいくつかの種類が販売されています。

今回はその中から3つピックアップして紹介していきたいと思います。

いずれも女性用バイアグラとして、とても有名であり、かつ多くの女性が頻繁に利用しているものなので、その効果に期待していいでしょう。

きっとパートナーとの性行為が何倍にも楽しくなるはずです。

最近セックスしてもなかなか楽しめないと思っている人は、一度女性用バイアグラの効果を試してみてください。

ラブスマ

女性用バイアグラとして有名なものといえば「ラブスマ」でしょう。

ラブスマはウーメラと呼ばれる薬のジェネリック医薬品となっています。

ジェネリック医薬品なので、もちろん安価で手に入るのが特徴です。

スマート社と呼ばれる製薬会社が製造販売しており、ウーメラ同様に不感症や性的興奮障害を改善するための効果があります。

またラブスマは先発医薬品であるウーメラと比べると、副作用が起こりにくいという大きな特徴もあります。

副作用はどんな人にとっても不安なものだと思いますので、安全に女性用バイアグラを使いたいと思っている人にはラブスマが一番ぴったりだと思います。

気軽に女性用バイアグラデビューしたいという人は、ぜひラブスマを選択してみてください。

ラブグラ

女性用バイアグラには「ラブグラ」というものもあります。

こちらのラブグラはインドのアジャンタファーマ社というところで製造販売されており、ラブスマ同様にウーメラのジェネリック医薬品となっています。

不感症を改善したり、性的興奮障害を改善することができます。

なおジェネリック医薬品なので購入するときは通販サイトからになるでしょう。

現在では1錠100mgのみが売られていますが、これは日本人女性には多い容量となっています。

そのため、初めてラブグラを手に入れようと思っているのであれば、ピルカッターも一緒に購入しておいてください。

ピルカッターを使うことでラブグラを割ってから飲むことができるので、これで安全にラブグラを使い始めることができるでしょう。

100mgを一度に飲むと体に大きな負担を与えてしまう可能性があるので、4分の1の大きさに割って飲むことがおすすめです。

そうすれば副作用を引き起こす可能性が大幅に下がるので、必ず割ってから使ってみましょう。

マレグラpro

マレグラproと呼ばれる女性用バイアグラも幅広い層に支持され、たくさんの人が使用しています。

インドにあるサンライズレメディ社が製造販売しており、主成分は他の女性用バイアグラと同様にシルデナフィルとなります。

マレグラproを飲むことによって全身の血流が改善され、性感帯が敏感になります。

今までに絶頂を感じたことがないという人や、なかなか濡れないといった人には非常におすすめの女性用バイアグラだといえるでしょう。

男性用のバイアグラと同様に空腹時に飲むことで最大限の効果が得られるようになるので、空腹時に服用するようにしましょう。

ちなみにマレグラproは副作用が少なめなので、体調さえよければ多くの人は安全に使うことができるでしょう。