EDは大きく分けて4つの原因があります。また、改善方法はED治療薬以外にも考えなければなりません。

バイアグラは通販がお得 TOP > EDの原因と改善方法について

EDの原因と改善方法

どうして男性はEDという症状を引き起こしてしまうのでしょうか。

自分がEDだと気づいたときは、おそらく誰もがショックを受けてしまうでしょう。

実は日本人の成人男性の中で3人に1人はEDの症状が出ているといわれているので、あなたがEDになるのは決してめずらしいことではありません。

またEDになってしまった原因は、わからない人が多いと思います。

基本的には人によってその原因がまったく違ってくるので、一概に断言することはできません。

ただ一般的には心因性EDや器質性EDなどパターンが存在するので、詳しく説明していきます。

根本的にEDの症状を改善するためにはどうしてもその原因を追究する必要が出てきてしまうので、あまりED治療薬にずっとお世話になりたくないという場合は必ずここで学んでおき、その原因を治すための対策を取っていきましょう。

そもそもEDとは?

EDは勃起不全の症状を指す言葉ですが、なぜそれがEDといわれているのか?

まずEDという言葉はErectile Dysfunction(エレクタイルディスファンクション)を略してEDと呼んでいます。

エレクタイルというのは直立という意味の言葉で、ディスファンクションは機能障害という意味になります。

なお勃起不全のことをよくインポテンツと呼ばれていたりしますが、インポテンツはドイツ語になります。

そのためEDもインポテンツも同じ勃起不全のことを指します。

では勃起しないという状態は具体的にどういうことなのでしょうか。

勃起という作用は神経や血管が正常に動くことによって起こります。

ペニスには左右一対になった陰茎海綿体と、さらに1本の尿道海綿体と呼ばれる場所があります。

勃起をさせるためには陰茎海綿体に血液を流す必要があり、正常な人の場合は性的刺激を受けることによって血液が流され勃起します。

ただしEDになってしまっている人は、性的刺激を受けてもそれを脳からペニスへ届ける神経がダメになっていたり、血管になんらかのトラブルが起こっているため血液が流されにくくなってしまっているわけです。

その原因というのは人によって違いますので、後から具体的に紹介していきたいと思います。

EDの原因

EDは心因性EDや器質性EDなど大きく原因となるケースが分れており、人それぞれEDになってしまった原因は細かくバラけてしまいます。

つまり人によっては複雑な原因がある可能性もあります。

EDの原因を知りこれからどうしていけばいいのかをしっかりと考えていきましょう。

原因となるケースを理解できれば、EDになったことについて納得することができるでしょうし、改善へ導くための方法も分かることでしょう。

心因性ED

まずは心因性EDについての説明をしていきましょう。

EDの原因として実は非常に多くの人が当てはまるケースとなります。

特に20代から30代くらいの人でEDに悩んでいる場合は、心因性EDの可能性がかなり高いといえるでしょう。

心因性EDというのは、要するに精神的な部分によって生じるEDを指します。

現代はよくストレス社会だといわれていますが、普段からストレスを感じている人や、何かが原因になっていて強烈なストレスを抱いたりする人は心因性EDになりやすいと言われています。

仕事の内容だったり職場や家族との人間関係にストレスを感じることは多いと思いますので、心因性EDは人間として生きている以上どんな人でも起こりうるケースなのです。

ちなみに深層心因と呼ばれるものもあります。

この場合はあなたの持つコンプレックスだったり、幼少期に起こった心的外傷体験などによって心因性EDを引き起こしたりします。

ほとんど年齢問わず誰にでも心因性EDは起こるので、まずはこちらのケースを疑ってみてください。

器質性ED

次に器質性EDと呼ばれるケースについて紹介しておきましょう。

器質性EDというのは、簡単にいうと物理的に勃起しづらい状態になっていることを指します。

基本的に器質性EDは高齢者に発症することが多く、厳密にいうと50代以降の人がなりやすいといえるでしょう。

人は年齢を重ねると若い頃と比べて体になんらかの異常が出やすくなってしまいます。

特に血管や神経において障害が起こりやすいので、そこからEDの症状が出始めてしまうわけです。

また、高血圧だったり糖尿病といった症状から起こるEDも器質性に含まれます。

高血圧の人は動脈硬化を引き起こすことになりますし、糖尿病は血管や神経に障害を与えてボロボロな状態にしてしまいます。

また生活習慣病もその原因として知られています。

普段からたばこやアルコールを頻繁に摂取している人は、特に器質性EDを引き起こしやすいといえるでしょう。

ED以外の病気を現在患っている人は、まずその病気を治療したり生活習慣病を治すところから始める必要があります。

薬剤性ED

一般的にEDというのは心因性か器質性による原因がとても多いですが、たまに薬剤性EDというケースで発症している人もいます。

薬剤性EDというのは、ある医薬品を使うことによって生じるものです。

つまり、あなたがなんらかの病気の治療をおこなっている場合、その際に使用している薬が原因で薬剤性EDを発症させてしまっているかもしれません。

具体的にどのような医薬品がEDを招いてしまうのでしょうか。

基本的にEDを引き起こす原因となるものは、中枢神経に作用する医薬品になります。

中枢神経というのは神経系の中でも特に神経細胞が集中して存在する場所を指します。

たとえば抗うつ剤や抗精神病薬、あと催眠鎮静薬などの薬が挙げられるでしょう。

そして他にも循環器系に作用する薬を使用している人も、薬剤性EDになりやすいです。

この場合は不整脈治療薬や降圧剤、そして脂質異常症治療剤などの薬が当てはまります。

末梢神経や消化管に作用する薬もEDの原因を作り出してしまうものになるので、これらの薬を飲んでいるうちはEDが治らないかもしれません。

混合性ED

EDの原因としては心因性EDと器質性EDが多いのですが、いずれかのケースにのみ当てはまるとはかぎりません。

つまり、心因性と器質性の両方が、EDの原因になっている可能性があります。

そうなってくるとますます複雑な原因があなたの体に隠れていることになるでしょう。

心因性については年齢問わず考えられる原因になるので、特に高齢者の人ほど心因性と器質性の双方が原因になってしまっている可能性があります。

このことを混合性EDと呼びます。

勃起を起こすためには勃起に関係する精神的な要素に加えて、器質的な要素も正常である必要があります。

混合性EDの場合は基本的になんらかの病気を患った上で、そこからストレスを強く感じるようになり合わさってしまうケースが多いのです。

混合性EDになっている場合は、治療するときにふたつの側面からアプローチが必要となるでしょう。

そのため、非常に厄介なEDだと言えます。

EDの改善方法

もしEDになってしまったら、いろんな方法を駆使して治療に専念することが大事です。

EDの治療方法としては具体的にどのような方法があるのでしょうか。

一般的にはED治療薬を使って治療する方法が有名ですが、もちろんED治療薬に頼らずに改善する方法もあります。

EDを本気で治したいと考えている人は、とにかくあらゆる方法にチャレンジしてみるべきでしょう。

やれることをすべてやれば、いずれは根本的にEDの解消が実現できるようになるはずです。

もちろん難易度の高いものではありません。誰にでも真似することができるほど簡単なものです。

単純に放置しているだけではそう簡単に治らないので、できることはすぐにでもやりましょう。

ストレスを溜めない

EDの原因の中でも心因性EDに関しては多くの人が悩まされていると思います。

心因性EDに苦しめられているのであれば、とにかくストレスを溜めないようにすることが大事になってくるでしょう。

ではストレスを溜めないためにはどうすればいいのでしょうか。

ストレスというのは人によって溜まる原因が異なりますが、一番重要なのはストレスを定期的に発散することです。

生きている以上はあらゆる方面からストレスを感じることが多くなるはずなので、ストレスを受けること自体を防ぐのは難しいといえるでしょう。

つまり、溜まってしまったストレスを発散することがEDの改善のためには必要なのです。

ストレスの発散は色々な方法がありますが、基本的には楽しいと思えるようなことやリラックス状態になれることをするのが一番だと思います。

とはいえ、ストレスを抱えないようにすることも大事です。

仕事におけるストレスを溜めることは多いと思いますが、あまり真面目になりすぎず、ある程度力を抜いて仕事をすることを少し意識するだけでもストレスを抱えにくくなるはずです。

生活習慣の見直し

器質性EDの原因となるのは、糖尿病など血管や神経に関わる病気を患っていることです。

また同じく大きい原因となるのは生活習慣病になります。

生活習慣病というのは要するにあなたの生活習慣によって引き起こされる疾患のことをいいます。

たとえば普段どんな食事を摂るようにしているのか、そして運動はしているのか、またどれくらい喫煙や飲酒をしているのか、といったことを振り返ってみましょう。

毎日健康的に過ごせていると断言できる人なら生活習慣病になることはないと思いますが、だらしない生活習慣を長期間しているという人は、高い確率で器質性EDになるでしょう。

もし偏った食事をしているならこれからはバランスのいい食生活を心がけていく必要がありますし、運動不足の人は適度な運動をできるだけ毎日取り入れていくべきです。

そして喫煙者は禁煙することを考え、飲むお酒の量も抑えるようにすることが重要です。

ただしたばこやお酒については無理やり我慢しようとするとEDの原因となるストレスを感じることになるので、徐々に少なくしていきましょう。

ED治療薬を使う

どのようなケースのEDを患っていたとしても、ED治療薬を利用することで簡単に改善できます。

つまり、ある意味ED治療薬は万能薬だといえるでしょう。

パートナーがいる人はデートの最後にホテルや自宅へ行くことが多いと思いますので、いつでも性行為ができるようにED治療薬をカバンにでも忍ばせておくのがおすすめです。

他の改善方法は長期的におこなう必要がありますが、ED治療薬だったら選ぶ種類によって最短数十分程度で勃起力を上げることができるので、これは使わない手がありません。

ただしED治療薬はあくまでも一時的にしのぐための薬です。

つまり最初から効果時間は限られていますので、薬の効果が切れたらまた飲まないとダメです。

仮に毎日のように飲み続けたとしても結局は根本的な解決にならないので、ED治療薬だけに頼り続けるというのはあまりおすすめしません。

他の方法も並行しながら使うようにすることがもっとも重要になります。

今すぐにでもなんとかしなければいけない!というときだけ、ED治療薬に頼ればいいでしょう。

EDの予防方法

EDを予防するために、実はもうひとついい方法があります。

その方法というのがサプリメントを使用することです。

サプリメントというのは医薬品とは異なるものなので、基本的には併用しても大丈夫です。

またサプリメントから副作用が出るようなことはありませんので、ED治療薬を使うよりも安全に使えるのがポイントです。

ではEDの予防に効くサプリメントとはなにか?

ここで紹介しておきたいのがシトルリンになります。

シトルリンはアミノ酸の一種で、主にスイカに含まれていることが多いです。

シトルリンはサプリメントなのでED治療薬ほどの即効性はありませんが、ED治療薬と同様に血管を拡張させる効果があります。

シトルリンをしばらく毎日飲み続けることで、EDが改善される可能性もあります。